calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.27 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    3月11日、ボランティア募集

    0
      Candle Night Nippon 2012311日(日)開催*

      20111211日(日)に名古屋テレビ塔および、もちの木広場にて開催致しました【Candle Night Nagoya 〜みんなの灯を、東日本に〜】にお越し頂き誠にありがとうございます。本プロジェクトは、名古屋市内の大学に通う学生によって企画・運営されたものです。そして、この度キャンドルナイトプロジェクトの名称は【N A G O Y A】からN I P P O Nへ、Candle Night Nippon 〜みんなの灯を、東日本に〜】となりました。

      名古屋から東北へ、復興の願いの架け橋をつくりたい。そのような想いで、私たちは震災復興プロジェクトを続けてさせて頂きます。本プロジェクトをきっかけに、東日本大震災について再度考えてみませんか?



      Candle Night Nippon 〜みんなの灯を、東日本に〜


      <内容>

      Candle Night Nipponを通じて、1年という区切りの時期に、大震災が発生したという事実を少しでも皆様の意識に留めて頂けるようなムーブメントを起こし、震災復興に役立てたいと考えております。メッセージ性を込めることが可能なキャンドルを用いて、名古屋にお住まいの皆様が被災者の方々へ追悼の意を表す機会を作り、名古屋市と陸前高田市との懸け橋をさらに強めていきます。陸前高田市と表記しましたのは、名古屋市と陸前高田市が協力支援関係にあることに起因しています。


      <対象>

      主として愛知県内の学生、および陸前高田にお住まいの方々(その他一般の方々の参加も可)


      <日時>

      2012311() 16:0020:30 (予定)


      <場所>

      東北会場:岩手県陸前高田市 米崎小学校 校庭
      名古屋会場:愛知県名古屋市 名古屋ボストン美術館 正面階段


      <キャンドルのデザイン>

      愛知県内に通学する学生ボランティアを募り、キャンドルを覆うカップにデザインをしていく。


      <キャンドルの個数>

      陸前高田市内における東日本大震災での死者数(1554)、行方不明者数(298)の合計1852(20111211日警視庁緊急災害警備本部調べ)をもとに、名古屋市と陸前高田市合わせて3704個を予定している。最終的な個数の決定は、警視庁緊急災害警備本部の2012311日の発表後に確定するものとする。

       

       

       

      Candle Night Nipponでは、

      現在当日ボランティアを募集しています。

      詳細は下記URLからか

      http://candle-night-nippon.jimdo.com/

      candle night nippon】で検索してください^^


      2月のイベント告知

      0
        ┏━━━━━━━━┓
        3.11から間もなく1年…
        「東日本復興支援
        ―いま私たちにできること」
        2/9(木)@名古屋市立大学
        ┗━━━━━━━━┛

        「被災地は行ってもいいの?
        良くないの?」
        「今必要とされている
        支援の形って何だろう?」
        きっと誰もが
        「復興のために何かしたい」
        と感じているけれども、
        なかなか
        その一歩が踏み出せない。
        2012年の3.11を迎える前に、
        被災地で
        必要とされていることや
        自分たちでもやれる
        復興支援の形を見つけ、
        思いを行動に変えませんか?
        こんな人にオススメ!
        ・被災地のために何かしたい人!
        ・被災地の今を知りたい人!

        ━━━━━━━━━━
        イベント詳細(要申込)
        ━━━━━━━━━━
        ▼日程
        2012年2月9日(木)

        ▼場所:
        名古屋市立大学
        山畑キャンパス食堂ホール

        ▼時間:13:30〜17:30
        (受付13:00〜)

        ▼備考
        参加費無料、服装自由

        ▼参加申込み
        http://p.tl/ZtZQ

        ◆当日プログラム
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ・映画「真珠の首飾り」上映
        ・パネルディスカッション
        ・ゲストとの座談会
        ・交流会

        ━━━━━━━━━━
        映画「真珠の首飾り」
        ━━━━━━━━━━
        被災地から遠く離れた
        関西在住の学生が製作した
        「真珠の首飾り」。
        気仙沼大島で活動する
        学生ボランティアに
        スポットを当てた
        ドキュメンタリー映画です。

        ━━━━━━━━━━
        主なゲスト紹介
        ━━━━━━━━━━
        【震災インターンを通して
        最前線で活躍!】
        NPO法人ETIC.
        復興支援リーダー支援
        プロジェクトを立ち上げ、
        被災地の最前線で活躍する
        地域リーダーや起業家のもとへ
        「右腕」人材をこれまで65名輩出!
        学生向けに
        みやぎの食の流通ネットワーク
        プロジェクトや
        中高生支援プロジェクト
        なども募集中!!

        【東海地方の学生支援団体】
        AICHI for 3.11。
        徹底した事前研修・
        事後研修が魅力!
        プロジェクト拡大につき
        新たなメンバーを募集中!

        【バーチャル
        寄付ワークショップを
        日本で初めて開催】
        できること@名古屋
        『被災地から遠く離れている
        名古屋でできることの効果を
        最大化する』ことを
        ミッションに掲げ、
        震災支援活動を行っている

        <お問い合わせ>
        G-net 学生部3charge
        担当:石川
        TEL:058-263-2162
        e-mail three_charge@gifist.net
        WEB:http://ameblo.jp/3charge/
        ┗━━━━━━━━┛

        【12月の活動報告】

        0

           【12月の活動報告】

              私たちNSTEは12月10・11日にNAGOYA学生EXPOで東北物産展を開きました。東北物産展で販売した東北の食品は、大須にある「みちのく屋」さんから仕入れることに。学生EXPOは名古屋の学生によって計画・開催されたので、学生の集客が多くなるだろうと見込んで学生が好みそうな物産をメンバーが選び販売しました。もちろん、物産を買っていただければ、そのお金はそのまま東北の方々の生活の支えになります。しかし、私たちは学生EXPOを通して、来てくださったお客さんに3つのこと;‥賈未砲弔い討茲蠡燭を知ってもらう 興味を持ってもらう E賈未凌佑燭舛里海箸鯀曚辰討發蕕Α△鬟董璽泙縫屐璽垢鮴澆韻襪泙任忙蠅蠅泙靴拭
             まず1日目では、朝からブーステントの組み立てや食品の配置をしました。午前中はEXPO全体としてもお客さんが少なかったので、なかなかブースに立ち寄ってくれる方は多くなかったです。午後になると私たちもチラシ配りやお店の宣伝に慣れ、多くのお客さんが立ち寄ってくれました。東北の食品に興味をもっていただき、会話をして交流することもできました。EXPOの初日が終わり、その日は目標としていた売上に達することはできませんでしたが、お客さんやEXPOで活躍している学生との交流ができ、みちのく屋さんのことや、東北のおいしい食品をより知ってもらえたと思います。
              2日目は、ブースのお手伝いとしてボランティア部隊が4人も増え、7人態勢で物産展がスタート。日曜日ということと天気が良かったということもあり、たくさんの人がEXPOに来ていました。可愛い女の子がお店番をしていた効果もあって(?)、初日と比べると子どもから学生、大人やお年寄りの方々、多くの方がお店に立ち寄ってくれました。また、「東北出身でね〜」と話しかけてくれたり、「頑張ってね」と応援してくれたりと、加えて売上も好調でした。夕方からは、今回の学生EXPOの見どころでもあるキャンドルナイト!25000を超えるキャンドルに火が灯され、とてもきれいでした。テレビ塔の展望台から見る東北に宛てられたキャンドルアートのメッセージはすごく幻想的に輝いていました:)名古屋という遠い地域にいる私たちが今頑張れなければならないんだ!と再認識した瞬間です。物産展の営業は夜遅くまで続き、寒い中でも立ち寄ってくれる方々に感謝をしながら学生EXPOが終了しました。
             NAGOYA学生EXPOは元気の湧くイベントでした!寒かったけれど、あれだけ世界のこと、日本のこと、地域のことを考え、実際に行動に移している学生に囲まれ、それを応援してくれる方々の中にいられてとても幸せでした。今後たくさんこのようなイベントが開かれ、NSTEをはじめ、多くの学生が興味を持って行動してくれれば素敵だと思います:)

          小口


          活動報告@みちのく屋

          0
            こんにちは!
            お久しぶりです、サワエです。

            私たちは1123日〜28日に

            大須にある東北産直プラザ

            「みちのく屋」さんの
            お手伝いをしてきました!

            その期間に、ナゴヤドームで

            ドームやきものワールドという

            大規模なイベントがあり、

            そこにみちのく屋さんが

            出店されると言うことで、

            イベント内でのお手伝いや

            店長さんがイベントに行く間の

            お店番をしました★

            私、サワエは

            25()にナゴヤドーム

            28()にみちのく屋さんで

            お店番をしました^^

            少しずつですが、どのようなことを

            したのか書かせていただきます。


            まず
            25日、ナゴヤドームのことです。


            ナゴヤドームでは、

            震災復興支援ブースと言うことで

            矢野きよ実さんの企画である

            被災地の子ども達の書+硯石の食器の展示

            をしているところで一緒に

            東北の特産品を販売しました。


            まずはそのブースについて

            お話させていただきます。


            まずは被災地の子ども達の書についてです。


            矢野きよ実さんは

            実際に被災地に行き、

            支援をされているそうです。


            その支援の中で

            小学生と一緒に書いた書を数点

            今回のイベントで展示していました。


            どの書にも前向きな言葉が

            力強く書かれていました。

            だれも「こう書きなさい」と指示されることなく

            自主的にこのような言葉を書いたそうです。


            見に来てくださった方も

            「本当に力強さを感じる。」

            「小学生が書いたとは思えない。」と

            おっしゃっていました。


            次に、販売していた硯石の食器についてです。

             

            この石は、雄勝町と言う硯の産地の物です。


            雄勝町は日本の硯のほとんどを作っている

            町だそうです。


            しかし今回の震災で大きい被害を受け、

            工場がつぶれ、硯を生産することが出来なくなりました。


            そこで、残り少ない硯石を使い食器を作って

            それを販売することで

            工場を再生しようとしているそうです。


            硯石で作った食器は珍しいので

            多くの人が立ち止まってくださいました!

            真っ黒でとてもかっこいいんですよ^^


            さて、それではお手伝いについて

            話を移したいと思います。


            先ほど話したように

            みちのく屋さんから出張してきた

            東北の特産品を売りました。


            その日は私を含め3人でお店番♪


            10時にイベントがスタートし、

            初めはどきどき。


            声を出すのも緊張してしまい、

            お客さんもなかなか立ち止まってくれません。


            しかし、ひとりふたりとお客さんが来てくれ、

            「がんばってね!」と声をかけてくださって、

            だんだん声も出せるようになりました。


            そこで気付いたことは、ただ

            「東北の物産を売ってます」と言うより

            「宮城の牛タンカレーや岩手の南部せんべいを

             売ってます〜」と言ったほうが

            お客さんが立ち止まってくれると言うこと^^


            「南部せんべい大すきなんです。」と言って

            たくさん買ってくれるお客さんや

            「おいしそうな言葉が聞こえたから立ち止まった」と

            言ってくださるお客さんがたくさんいました。


            そしてお会計のあとに多くの人が

            「がんばってね。」と声をかけてくださいました。


            愛知にいると震災のことも忘れがちですが

            このような場所を通して

            少しでも多くの人が忘れないでいてくれると

            いいなと思いました。


            どれもおいしい物ばかりなので

            楽しく支援できますしね^^


            28
            日は、みちのく屋さんの店主さんが

            やきものワールドに行かれるということで

            大須でお店番をしました。


            まずは、かかってくる電話の多さにびっくり!


            朝から某テレビ局の取材のオファーの電話があり

            どきどき!


            私の家には取材のオファーの電話が

            かかってくることはまず無いですからね!笑


            その他にも、招福辰×ドラゴンズの

            昇福竜の予約の電話がとても多かったです。


            昇福竜についてはこちら↓

            http://www.fukusia.com/


            お客さんもたくさん来てくださり

            たくさんの商品たちがお嫁に行きました。


            自分の勉強不足もあり

            「これってどんな味なの?」と聞かれても

            答えられないことが多々あったことが

            反省点です。


            また、石巻復興
            Tシャツを作った方や

            店主さんのお友だちの方がいらっしゃり

            たくさんのお話を聞かせてくださいました。


            そこで感じたことは

            愛知にいる東北の人たちは

            みんな力を合わせて復興しようとしていること。

            東海から何とか支援しようと頑張っていること。


            力強い言葉に心を打たれました。


            私も些細なことではありますが

            この2日間で何か力になれたなら

            嬉しいなと思います^^


            しかし一つ言えることは

            本当に楽しかった!


            たくさんの人と関わり

            話をする中でたくさんのことを勉強し

            そしてたくさんの笑顔をもらいました。


            そしてそして

            おいしい東北の物産を皆様も是非

            みちのく屋さんでお買い求めください^^


            「東北産直プラザ みちのく屋」

            愛知県名古屋市中区大須

            万松寺商店街入り口

            スターバックスとドトールの間です。


            http://touhoku-michinokuya.jimdo.com/


            【12月のボランティア募集】

            0
              1211()Candle Night Nagoyaが開催されます。
              1011日のNAGOYA学生EXPO2011と共に
              久屋大通公園を会場として行われる復興イベントです。

              『今年最後の11日、キャンドルの灯火によって
              「追悼」と「復興」の願いを。』をテーマに祈りを捧げます。

              「東日本のために何かしたい。」という気持ちを再び灯し、
              東日本をより身近に感じて貰う為、メインステージでは
              魅力ある暖かなコンテンツ盛り沢山なキャンドルナイト。

              NSTE
              ではテレビ塔下で1011日の両日(11:00-17:00)
              大須にあるアンテナショップ「みちのく屋」から
              様々な東北の物産をお預かりし販売する予定です。


              OUTLINE (開催概要)
              名称:Candle Night Nagoya
              日時:20111211()16:30スタート予定 (雨天決行、荒天順延)
              内容:26,236個のキャンドルの灯火で東北へ願いを。
                 そして、改めて東北の為にできることを考え行動する機会を作ります。
              開催地:名古屋テレビ塔下および、もちの木広場周辺


              そこで現在、キャンドルに灯りをともす「灯人(ひかりびと)
              つまり、ボランティアメンバーを募集中です!!

              〜〜〜〜「灯人(ひかりびと)」詳細〜〜〜〜
              ◆日時:12/11() 15時〜20
              ◆場所:もちの木広場、テレビ塔
              ◆活動内容:キャンドルの点火、警備等を行います。
              ◆持ちもの:軍手、防寒具
              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              気持ちはあるけど時間が合わない...って方はご相談下さい!
              1人でも多くの方が「灯人(ひかりびと)」に参加して頂ける事を願っています。

              ※※※「灯人(ひかりびと)」に参加して頂いた方は、
              12/11()無料で(通常600)テレビ塔に上る事が出来ます!!※※※
              テレビ塔から見えるキャンドルのメッセージも合わせて見に来て下さいね♡

              「灯人(ひかりびと)」に興味を持った方は、
              ◆お名前
              ◆携帯番号
              ◆携帯メールアドレス
              を明記の上、info@candle-night-nagoya.comまでご連絡下さい。


              皆様の想いがキャンドルの灯火と共に、東日本を灯しますように・
              ・☆
              公式HP:
              http://www.candle-night-nagoya.com/index.html


              【被災地は今どうしてる?DVD鑑賞のご案内】

              0

                東日本大震災が発生してから9カ月が経とうとしています。
                被災地にいる人々は今何を思い、どんな取り組みをしているのでしょうか。

                そこで今回は30分程度のドキュメンタリーを上映します。

                8月末に被災地へ赴き、撮影されたこの1本。
                福島県南相馬市にお住まいの、ある農家の方のお話です。

                【日時】11月30日(水)12:30〜13:10
                【場所】名古屋外国語大学5号館 521教室

                「忘れない」ことがまずは支援への第1歩、そして何より大切な支援。
                DVDを通して、何かを感じていただけたら幸いです。

                みなさんのご来場、心からお待ちしています。
                 
                担当 鈴木彬大

                福島っ子ウィンターキャンプ

                0

                  福島っ子サマーキャンプに引き続き、
                  福島っ子ウィンターキャンプを行います!


                  福島っ子ウィンターキャンプのテーマは…
                  ”子どもの咲顔、家族の希望〜未来へ感動 can do〜”です!


                  東日本大震災で被害にあった子どもたち…。
                  国から住むことが許されている地域で一番放射線の値が高い場所に住んでいる子どもたち…。
                  天気がいいのに外で遊べない、自然と触れ合うことができない子どもたち…。


                  実際私たちも福島県に行き、現状を見てきました。
                  今回の福島っ子ウィンターキャンプは福島県のお母さん、お父さんたち、子どもたちと一緒に作り上げていきます!!


                  今までないような最高の冬休みを過ごしませんか?


                  期間(ボランティア募集期間)
                  平成23年12月26日(月)〜31日(土)
                  12月26日(月)〜12月28日(水)【2泊3日】
                  12月28日(水)〜12月31日(土)【3泊4日】
                  12月26日(月)〜12月31日(土)【5泊6日】
                  ※JR中央本線「中津川駅」より送迎有。駐車場有。


                  活動場所
                  加子母研修交流施設
                  「ふれあいのやかた かしも」
                  岐阜県中津川市加子母3890−3


                  プログラム
                  ・スキーorスケート体験
                  ・雪合戦
                  ・餅つき大会
                  ・お料理対決
                  ※上記のプログラムを主軸とし、企画運営を行っていきます。


                  ボランティア内容
                  ・子どもたちの班付リーダー
                  ・食事隊(毎食役100人分の食事を作ります。)
                  ・洗濯隊


                  スタッフ募集人数
                  対象:高校生〜大学生 
                     ※社会人の方も募集しています。
                  経費:原則無料
                     ※会場に行く交通費は自己負担になります。
                  人数:約25人


                  募集
                  愛チカラのブログからお願いします!
                  http://ameblo.jp/i-aichikara/


                  参加決定
                  こちらから折り返し連絡いたします。


                  アクセス方法
                  JR中央本線「中津川駅」から送迎いたします。
                  ※詳しい時間等は後日連絡いたします。
                  また、雪が降っていたり、道路が凍結しているため、車での参加は極力ご遠慮ください。


                  その他
                  申し込み締め切りは12月11日(日)です。
                  ボランティア申し込み状況で締め切りが前後することがある場合がありますのでご了承ください。


                  担当
                  表部隊隊長:名古屋市立大学 1年 野田実里
                  裏部隊隊長:至学館大学 1年 横倉亜美


                  問い合わせ
                  HP::http://www.ai-chikara.com/
                  Mail:aichikara.canp@gmail.com
                  電話:(052)222-4311


                  10/3

                  0

                    NSTE事務局です。

                    しばらくのこと更新が滞ってしまい申し訳ありません。


                    新学期も始まりましたが、夏期休暇中に様々な場所でボランティア活動をしてきたという声をいくつかいただきました。NSTEがそのようなキッカケを提供できたこと、本当に嬉しく思います。休暇中には幹部も実際に被災地へ向かったり、被災地から来た子どもと交流したりするなど、それぞれが思い思いの活動をしていました。


                    今後の活動は現在検討中ですが、近々打ち出す予定です。

                    後期からもよろしくお願いします!

                     


                    夏休み、キャンプに参加しませんか?

                    0

                      震災支援団体として共に活動している
                      「愛チカラ」さんからのお知らせです。


                      **************************
                      さ、福島っ子サマーキャンプをやりますよ〜♪♪
                      そこで!!
                      ボランティアスタッフを募集します(*^o^*)


                      【福島っ子サマーキャンプ】
                      主催:愛チカラ、雨にも負けずプロジェクト


                      福島の子供たちと最高の夏をつくりましょう!
                      放射能を気にせず思い切り遊んでほしい。
                      子どもたちの元気支援をしましょう!

                       

                      ●活動期間
                      8月1日(月)〜8月7日(日)
                      8月8日(月)〜8月23日(火)
                      ※1泊2日から参加可能。


                      ●活動場所
                      〔蔵院(春日井市熊野町3233)
                      ∋螻愆杪膤悄並臧椹垈根町名高山55)
                       密蔵院


                      ●アクセス
                      密蔵院
                       JR中央本線・春日井駅より徒歩約15分
                       かすがいシティバス東環状線「熊野町」下車徒歩約10分
                      至学館大学
                       JR共和駅より徒歩約20分
                       自家用車での集合は対応できませんのでご了承下さい。(自転車・バイクを除く)


                      ●スタッフ人数
                      高校生〜大学生
                      〔蔵院 常時5人
                      ∋螻愆杪膤悄‐鏤15人
                       密蔵院 常時4人


                      ●申し込み方法
                      コチラをクリック!
                      この申し込みフォームより申し込みしてください。
                      参加日数をこちらで調整させていただく場合があります。ご了承ください。
                      ※これはまだ仮登録です。こちらから折り返し連絡します。


                      ●参加費用
                      原則無料。ただし、各会場に行く交通費は自己負担です。


                      代表の横倉亜美でした
                      多くの方の参加、待ってます!


                      質問等ありましたら、ここまでメールしてください。
                      aichikara.canp@gmail.com
                      *************************


                      こちらをクリック!ってとこが
                      引用で押せなくなってました!!!


                      なので愛チカラのブログから
                      同じ内容の記事を見つけて
                      そこの「クリック!」から申込んでください!


                      http://ameblo.jp/i-aichikara/


                      上のブログに直接飛ぶか、 
                      下記のアドレスにメールをいただければ
                      ブログのURLを返信致します☆

                      NSTE事務局
                      担当 鈴木
                      nst-3.11-fundraising@hotmail.co.jp


                      ミーティング会場のお知らせ

                      0


                        明後日20日の昼休みに開かれる
                        ミーティングの会場をお知らせします。


                        『石巻北上地区の田んぼのゴミ拾い』
                        現地ボランティアにあたるミーティング

                        ※詳細は前の記事をご覧ください。


                        日時:7月20日(水)
                           12時30分〜13時10分

                        会場:名古屋外国語大学721教室


                        問い合わせ
                        NSTE事務局
                        担当 鈴木
                        nst-3.11-fundraising@hotmail.co.jp


                        | 1/4PAGES | >>