calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.27 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ありがとうございました。

    0

      街頭募金を実施してから今日で1週間。


      今週は振り込みなどの事務作業に加え、
      卒業式やガイダンスなど大学の行事も入ってきたため
      なかなか時間が取れませんでしたが、
      今日はずっと書きたかったことを書くことにします。


      まず、3日間の募金活動
      携わっていただけたすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
      本当にありがとうございました。


      募金していただいたり
      温かい声をかけてくださったり
      配っていたチラシを読んでいただいたり…


      街頭に立ち募金を呼び掛けるというのは
      決していいことばかりではありませんでしたが、
      それでもメンバーが明るく笑顔でいられたのは
      そんなみなさんがいたからだと思います。


      実は、今回の募金にはテーマがありました、
      それは「明るく笑顔」で呼び掛けること。


      大震災の被害はまだ把握できないほど甚大です。
      そのため、自然と募金を実施する側の思い入れも強くなります。
      被災地にいる人のためを思って一生懸命になるのはいいことですが、
      それで顔が強張ったり声が威圧的になるのは何か違うと思ったんです。


      私は宮城出身で家族や友達はまだ辛い生活を強いられています。
      必死に呼び掛けたい気持ちは誰よりもありました。
      でもそれは街頭を歩く人々に対するただの気持ちの押しつけではないでしょうか。
      被災地の方々にみなさんの想いを届けたい、
      そのためにはまず私たちがみなさんに想いを届ける必要があったんです。


      だから私たちは「笑顔」という選択肢を選びました。
      被災地の笑顔を取り戻したい、だからこそ暗い顔じゃなく笑顔を。


      4月からは本格的に大学が始まります。
      ACのCMなどで「今、私たちに出来ること」とありますが
      学生の本分を全うするのもその1つ。
      NSTE自体の活動機会は減っていくかもしれませんが、
      東北や関東が完全に復興するまで募金に限らず活動は続けていきたいと思っています。


      最後になりましたが、いくつかご覧になっていただきたいサイトを紹介して
      記事の終わりとさせていただきたいと思います。


      本当にありがとうございました!


      笑写さん
      http://ameblo.jp/esha-pj/

      被災された方々のために笑顔と励ましのメッセージを集めています。
      ご協力いただける方いらっしゃいましたら、ぜひよろしくお願いします。


      あいち・なごや東北関東大震災ボランティア支援連絡会さん
      http://allaichi.jp/

      テレビでご覧になった方もいるかと思います。
      被災地に向けた今後のボランティア活動を担うであろう組織です。


      東日本大震災
      http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

      Googleを通して被災地の様々な情報が載っています。
      周りに被災している方々がいらっしゃる方、ぜひ活用してみてください。


      3日間一緒にがんばったメンバーのみんな、本当におつかれさま!
      今後ともよろしくお願いします^^

      彬大

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.27 Monday
        • -
        • 05:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック